【素人か?】水野賢一 Diary(ダイアリー)は机上の空論?詐欺なのか?口コミと評判

引用元:https://mizunodiary.com/mznk/hlwd/

※こちらの記事は参議院議員の水野賢一氏とはなんの関わりもありません。ご了承ください。

副業アドバイザーのJUNです。

今日は水野賢一氏のDiary(ダイアリー)についてのレビューをしていきますね。

最初にこの案件に対する僕の評価をお伝えしておきます。

JUNの総合評価
案件名:Diary(ダイアリー)

総合評価:オススメできない

ノウハウの信憑性:とても低い

※管理人の主観評価です。評価の根拠は記事内に記載

稼げる可能性:とても低い

※管理人の主観評価です。評価の根拠は記事内に記載

オススメできる人:初心者をふくめて万人にオススメできない内容

メモ
Diary(ダイアリー)はオススメできない内容です。誇大広告が目立ちますし、特商法もいい加減で、信憑性が低いです。高額オファーの下準備だと思われるため、注意が必要です。

水野賢一 Diary(ダイアリー)がオファーされている裏側とは?

ダイアリーについて詳しく見ていく前に入れて置かなければいけない知識があります。

こちらの案件は最初は「登録するだけ」と言われている上に「簡単に稼げそう」と思わせる内容になっていますが、あなたの頭に浮かんでいるその考え自体が水野賢一氏の狙いだということ。

このような案件が無料で終わることは9割形ありません。最終的に数十万の高額塾が案内されるか、1万円ほどの案件が案内された後に数十万の高額塾を案内される形になります。

今回の場合は「5000円の仕事を取りたければ水野賢一氏が運営するグループに〇〇万円で入れ」というのが最終的なオファーではないかと思います。

このように書いているからといって「高額塾を販売しているから悪」といいたいのではなく、「初心者向けではない」といいたいのです。

今まで300万円以上ビジネスの勉強につぎ込んできましたが、高額でも値段相応にいい塾もありました。(逆に高額なくせに3万円の情報商材以下の物もありました)

僕は内容に見合っていればたとえ1000万円の商品だって全然ありだと思います。

大粒のダイヤモンドに対して「高い!詐欺だ!」なんていう人がいないのと同じです。情報だってノウハウだって金銭的価値はありますからね。

ただ、こうした高額案件の良し悪しってある程度ビジネス経験がないと分からないと思うんです。

実際、僕が所属していた輸入系の60万円の高額塾では参加者の半分くらいが初心者の人でした。

中にはものすごく頑張って物販経験者に追いすがっている人もいたんですが、ほとんどの人は海外の展示会へ足を運ぶための飛行機代などなど・・・・

ビジネスにおける投資マインドができていなかったため、ほとんどなにもせずにサポート期間を終えた人も決して少なくありませんでした。

この手の案件で最終的に「騙された」と思って公開するパターンが

  • これまでビジネスについてまったくの素人だった人が
  • 「誰でも簡単に稼げる」と思い込んだ案件に申し込み
  • 期待と実際の商品のギャップにがっかりして「騙された」と思う
このような流れです。

優良な案件であっても活かしきれずに同じ思いを抱いてしまうことも多いですし、そもそもこうした無料案件はこの流れの中に意図的に視聴者を入れるように作られていることが多いです。

「これなら簡単に稼げそう!」「忙しい自分でも楽にできそう!」そう思ってしまった時点で仕掛け人の術中にハマっています。

詳しくはこちらの記事で無料オファーの仕掛けについて書いています。

「高額塾は詐欺!」という通説の真実。1000万以上高額塾に投資して人生ボロボロになった知人の話

水野賢一 Diary(ダイアリー)がオススメできない理由

以上をふまえてDiary(ダイアリー)を見ていきましょう。

引用元:https://mizunodiary.com/mznk/hlwd/

まずは特商法について見ていきましょう。

特商法は顔の見えないインターネットで安心してものを買ってもらうために作られた法律で、まともな運営ならたいてい不足なく書かれているものです。

ではDiary(ダイアリー)の特商法はどうかというと、

この様になっています。

電話番号も商品やサービスに関しての金額についてもなにも書かれていません。

売り逃げされてしまうリスクも考えなければいけませんね。

しかも、会社名が無いというのもおかしい話。日本ってとにかく個人事業主、フリーランスへの信頼が薄いです。

実際、僕も法人格を持っているのですが、日本人相手だと名刺をお渡しするときの反応は個人事業主と比べると目に見えて違いますね。

それだけのメリットがあるのに法人名をのせないというのは、そもそも法人を持っていないか、あるいは法人名が悪名高すぎて出せないかくらいしか僕は思いつかないです。

でも、これだけ各方面から「一言二言かくだけで5000円も貰える」お仕事をとっているサービスが法人格を持っていないというのは考えづらいんですよね。

十中八九、法人を持っていないんだと思います。

そんなわけで、水野賢一氏、信頼度的にはかなり低いですね。

ネットビジネスの特商法について詳しくはこちらに書いていますので参考にしてみてください。

Diary(ダイアリー)の評価→ライター業なめんな 

簡単な仕組みだけ説明すると、「一記事かくと5000円で買い取ってもらえる」というのが今回のコンセプトになります。

それも、超クオリティではなく一言二言の日記でいいみたいです。

「日記をささっと書くだけで1件五千円の臨時収入!」
「日本語さえわかれば誰でも月収最低130万円が目指せる!」
「インターネット広告の神が生み出した最新鋭の側近ビジネスをインターネット史上初公開!」

これはDiaryの案内ページから抜き出してきたメッセージになります。

ビジネスモデルをさらに詳しく説明すると、ダイアリーでは「日記マッチング」というツールを搭載しており、書いた日記がSNSや個人ブログやプレスリリースサイトなどに広告付きで自動で拡散。

その広告収入で銀行口座にお金が入金されるというものです。

拡散された日記は10万人前後の人の目に触れるので、一件の日記で5000円は企業にとってはそれほど大きな広告費というわけではないということらしいですね。

このビジネスモデル、少しでもインターネット広告の知識がある人ならおかしいとすぐに分かるはず。

そもそもですが、広告が目に触れる=広告が読まれるというわけではない。

単純に目に触れるだけなら僕がTwitterに「腹へった」とツイートするだけでそれなりの人の目にはいります。

でも、そこに化粧品とかの広告があったとして、クリックされると思いますか?無理でしょ?

広告というのは、売り込みたい客層に向けて的確に発信することではじめて読まれるもの。

当てずっぽうの広告ほど広告費の無駄遣いはありません。まともな企業であればそんな事は百も承知です。

こんな広告の打ち方は10年近く前にGoogleが禁止したスパムサイトの広告の打ち方そのもの。

時代遅れもはなはだしいですし、仮に善良な意図でこの案件を案内しているとしたらかなり高い確率で水野賢一氏はインターネット広告に関しては素人です。

まぁ2000年代なら通用したかもしれませんけどね。仮に彼がインターネット広告の神だったとしても過去の実績でしょう。現在では通用しません。

Diary(ダイアリー)の評価、ネット上の口コミなど

続いてダイアリーのネット上の評価についても見ていきたいと思います。

まずはこんな評判があります。

このような日記を誰が読むのでしょうか?そして、誰が読むかもわからない日記になぜ企業が広告をつけるのでしょう?

引用元:https://net-24h.com/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%88/8354/

僕もまったく同じことを感じています。

他にはこんな評判もありますね。

それだけ稼ぐためにはアクセス数が非常に重要になると思うのですが、10万人以上が閲覧するという根拠については一切触れられていません。

引用元:https://sagicheck.com/side-job/diary/

ご覧のように、辛口コメントが多く投稿されていますね。ほとんどの人が僕と同じように感じているみたいです。

この口コミ以外にある方はこの記事のコメント欄をオープンにしておりますので気軽に書いていただけたらと思います。

水野賢一 Diary(ダイアリー) まとめ

よって、僕の総合評価は「オススメできない」になりました。

まぁ、久々にこんな案件出てきたな・・・って感じです。

以前は素人が高額塾を案内して大儲けするという高額塾を売る高額塾が猛威を奮っていたことがあって、そのときにはこんな案件は乱立していたんですけどね。

最初にこの手の案件を検討する際に見てほしいポイントですが、稼げている人ほど、「また変なの出てきた・・・・」と思うでしょうし、稼げていない人ほど「これでオレは人生大逆転だ!」と感じるという点です。

真逆の反応ですよね。

稼げていない人とお話すると、たいていビジネスの大原則を理解していないことが多いです。

そして、この大原則に照らし合わせると怪しい案件とそうでない案件は見分けがつきやすい。

副業を検討しているなら必ず読んでほしい一記事です。

合わせてこちらも参考にしてみて下さい。

定義が変われば稼げる案件と稼げない案件の見分けもある程度つくようになってきます。

追伸:

はじめまして、管理人のJUNです。

インターネットを使ったビジネスの経験を通して、「人生の選択肢を増やして幸せになる」お手伝いをするべくサイトを運営しています!

→ 管理人のプロフィールはこちら

メルマガもやっているので興味があれば登録してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA