三山 純 Amazonリピート物販3.0のいいトコ悪いトコ 結局は〇〇〇物販? 口コミと評判

引用元:https://consumables-repeat.com/lp2/af/mym/c/

ガチ物販プレイヤー兼、副業アドバイザーのJUNです。

今日は三山純氏のAmazonリピート物販3.0についてのレビューをしていきますね。

内容としては、

  1. Amazonリピート物販3.0はどういう意図で広告されているのか?
  2. Amazonリピート物販3.0のいいとこ、悪いとこ
  3. 結局、Amazonリピート物販3.0は参加検討できる案件か?

ビジネス系のブログは「とにかく叩く」という内容が多いですが、極稀に本物も混ざっています(周りが詐欺詐欺言っている案件が年商20億超のガチ社長がやっていた案件だったという事例もあります)。

一応このレビューも管理人のフィルターをどうしても通してしまいますが、レビュー基準を設けてできる限り公平にレビューできるようにしています。

僕のレビュー基準については以下を参考にしてください。

JUNのレビュー基準
  • 再現性があるか?
  • 挫折率が低そうか?
  • 過去に類似の怪しい案件が無いか?
  • 周りの評判はどうか?
  • 参加したらどの程度稼げそうか?

それでは見ていきましょう。

三山純 Amazonリピート物販3.0はどういう意図で広告されているのか?

Amazonリピート物販3.0について詳しく見ていく前に入れて置かなければいけない知識があります。

こちらの案件は最初は「無料」と言われている上に「誰でもかんたんに稼げそう!」と思わせる内容になっていますが、あなたの頭に浮かんでいるその考え自体が販売者の狙いだということ。

このような案件が無料で終わることは9割形ありません。今回の場合、格安でセミナーを募集していますが、セミナーの最後に数十万の高額塾が案内されるか、1万円ほどの案件が案内された後に数十万の高額塾を案内される形になります。

このように書いているからといって「高額塾を販売しているから悪」といいたいのではなく、「初心者向けではない」といいたいのです。

今まで300万円以上ビジネスの勉強につぎ込んできましたが、高額でも値段相応にいい塾もありました。(逆に高額なくせに3万円の情報商材以下の物もありました)

ただ、こうした高額案件の良し悪しってある程度ビジネス経験がないと分かりません。

ガラス製のフェイクダイヤモンドと数千万円の本物のダイヤモンドの違いを素人が明確に見分けられないのと同じように、ビジネスも経験がないと何が稼げる案件なのか分からないのです。

この手の案件で最終的に「騙された」と思って公開するパターンが

  • これまでビジネスについてまったくの素人だった人が
  • 「誰でも簡単に稼げる」と思い込んだ案件に申し込み
  • 期待と実際の商品のギャップにがっかりして「騙された」と思う
このような流れです。

こうした無料案件はこの流れの中に視聴者を入れるように作られていることが多いです。

ここに優良であるか、優良でないかは関係ありません。

「これなら簡単に稼げそう!」そう思ってしまった時点で仕掛け人の術中にハマっています。

以前参加した高額塾にも初心者が多くいましたが、そういう考えを持っていた人たちは自然と消えていきました。

詳しくはこちらの記事で無料オファーの仕掛けについて書いています。

「高額塾は詐欺!」という通説の真実。1000万以上高額塾に投資して人生ボロボロになった知人の話

三山純 Amazonリピート物販3.0のいいとこ、悪いとこ

以上をふまえてAmazonリピート物販3.0を見ていきましょう。

引用元:https://consumables-repeat.com/thanks2/opt/thanks/

まずは特商法について見ていきましょう。

特商法は顔の見えないインターネットで安心してものを買ってもらうために作られた法律で、まともな運営ならたいてい不足なく書かれているものです。

ではAmazonリピート物販3.0の特商法はどうかというと、

特定商取引法に基づく表記

販売者 株式会社リアルプロモーション
運営統括責任者 松本剛徹
所在地 〒105-0014
東京都港区芝2丁目13?4
住友不動産芝ビル4号館11階
電話番号 03-6863-4214
メールアドレス info@real-promo.jp
URL http://real-promo.jp/
商品代金以外の必要料金 銀行振込の場合、手数料が掛かります。
提供方法 セミナーという商材の性質上、商品発送はありません。
各講座の受講時を引き渡しといたします。
お支払い方法 クレジットカード決済(一括払い、分割払い)
銀行振込(一括払い)
返金 お支払い完了後のご返金はお受けしておりません。

この様になっています。

基本的に必要なものはきちんと書かれていますね!特商法代行サービスを利用しているようですが、それはそれできちんとしたサービスなので文句はつけられません。

流石にバックエンドの価格は書いていませんが、軽視されがちなネットビジネスの特商法の中ではかなりまともな部類に入ります。

ネットビジネスの特商法について詳しくはこちらに書いていますので参考にしてみてください。

Amazonリピート物販3.0の評価

それではAmazonリピート物販3.0自体の評価についても見ていきましょう。

再現性はあるか?

Amazonリピート物販3.0の再現性ですが、文面から察するに消費される商品をOEM化、または自己ブランド商品を作って販売していくものっぽいですね。

僕もOEMではありませんが、少しだけ近いこともやっているので肌感で分かります。細かな戦略の詳細は不明ですが、見る限り実現する方法はいくつか思いつきます。

Amazonリピート物販3.0に最も近いビジネスモデルに当てはめるなら、具体的な作業は

  1. 売れそうな商品を主にアリババやタオバオ、または現地で見つけてくる。
  2. 交渉してOEM化、またはODM化して自己ブランドにする。
  3. 中国の向上からAmazonに直接納品してもらい販売開始。

この3つになるでしょうね。細々とした違いはあれど基本的な流れは中国輸入を踏襲していると思います。

単純な中国輸入転売と違うのは、自己ブランドにするので競合を完全に排除できるという点。

ガチ物販プレイヤーは皆やっていることなので、再現性は「アリ」と言えます。

挫折率は低そうか?

挫折率ですが、このビジネスモデルの挫折率は高いです。もちろん、実践にあたってできるだけ低くなるようにはしているんでしょうが・・・。

挫折率が高い理由はパッと思いつくものだけでも以下が上げられます。

  • 言語の壁
  • 国際ルールの壁
  • 経費の壁
  • MOQの壁
  • 広告運用の壁

まず、英語ができれば基本OKですが、そうでない場合は現地通訳を雇ったり、交渉のために翻訳サービスを利用する必要があります。

次に、国際ルールは輸入商品の場合けっこう厳しいです。送金一つとっても現在銀行は資金洗浄を警戒して海外送金を控えている所も多いです。あとは一部の要件をみたしていなくて空港の税関で延々と止められるとかですね。もちろんその間保管料は発生し続けます。

また、経費もかなり厳しくなってきます。1商品確定させるだけでも数十万円は普通にかかります。ちなみに僕は家電系を扱ったときはもろもろの認証系含めて100万以上経費でかけてます。まぁ、極端な例ですが、入ってからも色々出費がかさむってことです。

そして向上の生産を依頼する以上避けられないMOQの壁です。MOQは最低注文数のこと。工場を稼働させるのですから10個とかじゃお話になりません。低価格商品なら500~1000個とか余裕でいきます。僕が経験したので一番多かったのは5万個ですね。流石にその時はお断りしました(笑)

最後に広告運用の壁です。「Amazonは広告ほとんど打たなくても出すだけで売れていく」みたいに言われていますが、それは正確ではありません。一般的な物販の感覚で言えばそうであるだけ。Amazonで販売する場合も当然広告をうつ必要があります。

どのくらいの売上を上げるかにもよりますが、最低30万円かかると思っておくといいです。一般的な広告運用だと数百万、数千万クラスでかかってくるのでそれに比べると少ないですが、お金をこれから稼ごうとしている人間には手痛い出費です。

以上の理由から、ビジネスに使えるお金が100万以上ある方でないとおすすめできないビジネスモデルです。

過去に類似の怪しい案件がないか?

さて、過去に類似の怪しい案件がないかですが、Amazonリピート物販3.0の類似案件はあれど、怪しい、詐欺といった疑いがかけられるものは多くはありません。

そもそも物販て単純なビジネスモデルだけに、お客さんもある程度理解できていて、FXや投資のようにふわふわした夢を見ている人間が少ないのも理由の一つです。誤解や詐欺が生まれにくいんですよね。

すくなくとも、管理人はこの手の案件は割とまともだと判断しています。

周りの評判はどうか?~

続いてAmazonリピート物販3.0のネット上の評価についても見ていきたいと思います。

まずはこんな評判があります。

物販未経験者がスタート初月でいきなり月商700万円を突破!

って、、、少し誇大広告入っていますよね?(^^;)

引用元:https://yukichi.site/amazon-repeat/

まぁ、誇大だとは思いますが、絶対に有り得なくはないです。クラウドファンディングでも使えば一応ありえる数値ですね。

他にはこんな評判もありますね。

三山純 Amazonリピート物販3.0(2020年最新版)がおススメできない理由
悪い評判(評価)や詐欺だという口コミが多いから

引用元:https://offer-check.com/amazon-repeat-resale/

こういう判断もありますね。でも、できれば良し悪しを自分の力で判断してほしいですね。

全体的に見てネット上では僕の考えは異端のようです(笑)ある程度ビジネススキルがあるなら比較的まともな案件に見えると思うんですけどね。。。

この口コミ以外にある方はこの記事のコメント欄をオープンにしておりますので気軽に書いていただけたらと思います。

参加したらどの程度かせげそうか?

結論から言うと、この案件に参加して稼げる金額は30~50万円くらいかなと思います。

挫折する人たちの平均を取ると10万以下まで下がりそうな気がしますが・・・・

うまいことやれれば継続して利益を生み出していけるかもしれないですね!

ただ、初心者は「挫折率は低そうか?」のところでお話しているように、難易度が高いです。

超えるべきハードルが多いのでまず取り組むべき初心者向けのビジネスはあると思いますね。

あとはお金になるまである程度時間がかかるので、運転資金がそれなりにある方向けです。

結局、Amazonリピート物販3.0は参加検討できる内容か?

よって、僕の総合評価は「中級者以上、資金力のある方なら参加検討の余地あり」となります。

目安としては

  • 資金が100万以上ある
  • 転売を含めた物販経験者で新しい商品を開拓したい
  • 自己ブランド商品に強い興味があり溢れる情熱を押さえきれない!

この3つのうち2つ満たしていればOKでしょう。

最後のは僕の知る限り、初心者でも情熱で成果をぶち抜く人がいないわけではないからです(笑)

体感で5%未満なので初心者に積極的にはオススメしませんけどね。

最初にこの手の案件を検討する際に見てほしいポイントですが、稼げている人と稼げていない人で受け取り方が違います。

そして、受け取り方が違うと稼げる金額も変わります。

稼げている人ほど、「自分の成長に繋がりそう!」と思うでしょうし、稼げていない人ほど「ここに入れば稼がせてもらえる!」と感じるという点です。

この態度の違い分かりますかね。

これは単純に「〇〇」を分かっているか分かっていないかの違いなんですよ。

稼げている人は「〇〇」を分かっているので、どんどん稼げるようになります。

一方、稼げていない人は「〇〇」を誤解しているので、優良な塾な入っても出費だけが増えて貧乏になります。

実は僕も昔「〇〇」を誤解していて、月に数万円の収益から抜け出せませんでした。

ところが、「〇〇」を理解してからは収入が上がっただけではなく、面白いように世界が広がっていったのです。

これは怪しい案件、稼げる案件を見分けることのできる一つの基準にもなるので、ぜひ知っておいてほしいですね。

追伸:

はじめまして、管理人のJUNです。

インターネットを使ったビジネスの経験を通して、「人生の選択肢を増やして幸せになる」お手伝いをするべくサイトを運営しています!

→ 管理人のプロフィールはこちら

メルマガもやっているので興味があれば登録してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA