加藤浩二 一攫千金プロジェクトは仮想通貨を使わずに億り人になれるのか? 検証 評判 口コミ レビュー

(引用:https://okuribito-japan2019.work/kouji001/)

JUNです。

 

今日は加藤浩二氏の一攫千金プロジェクトについてのレビューをしていきますね。

最初にこの案件に対する僕の評価をお伝えしておきます。

JUNの総合評価
案件名:一攫千金プロジェクト

総合評価:オススメできない

ノウハウの信憑性:調査中

※管理人の主観評価です。数値の根拠は記事内に記載

稼げる可能性:低

※管理人の主観評価です。数値の根拠は記事内に記載

オススメできる人:調査中ではあるものの、初心者をふくめて万人にオススメできない内容

一攫千金プロジェクトはオススメできない内容です。誇大広告が目立ちますし、特商法もいい加減で、信頼性が低いです。内容そのものは現時点では不明なものの、過去案件と多くの類似点が見られます。高額オファーの下準備だと思われるため、注意が必要です。

加藤浩二 一攫千金プロジェクトがオファーされている裏側とは?

一攫千金プロジェクトについて詳しく見ていく前に入れて置かなければいけない知識があります。

こちらの案件は最初は「無料」と言われている上に「簡単に稼げそう」と思わせる内容になっていますが、あなたの頭に浮かんでいるその考え自体が加藤浩二氏の狙いだということ。

このような案件が無料で終わることは9割形ありません。最終的に数十万の高額塾が案内されるか、1万円ほどの案件が案内された後に数十万の高額塾を案内される形になります。

このように書いているからといって「高額塾を販売しているから悪」といいたいのではなく、「初心者向けではない」といいたいのです。

今まで200万円以上ビジネスの勉強につぎ込んできましたが、高額でも値段相応にいい塾もありました。(逆に高額なくせに3万円の情報商材以下の物もありました)

ただ、こうした高額案件の良し悪しってある程度ビジネス経験がないと分かりません。

この手の案件で最終的に「騙された」と思って後悔する典型パターンが

  • これまでビジネスについてまったくの素人だった人が
  • 「誰でも簡単に稼げる」と思い込んだ案件に申し込み
  • 期待と実際の商品のギャップにがっかりして「騙された」と思う
このような流れです。

こうした無料案件はこの流れの中に視聴者を入れるように作られていることが多いです。

「これなら簡単に稼げそう!」そう思ってしまった時点で仕掛け人の術中にハマっています。

詳しくはこちらの記事で無料オファーの仕掛けについて書いています。

「高額塾は詐欺!」という通説の真実。1000万以上高額塾に投資して人生ボロボロになった知人の話

一攫千金プロジェクトがオススメできない理由。過去案件を見ても信頼性が低い

(引用:https://okuribito-japan2019.work/kouji001/)

(引用:https://okuribito-japan2019.work/lptoku/)

まず特商法です。こちらは法律で入れなければいけないことになっています。

一攫千金プロジェクトは一見特商法が書いてあるように見えますが全然足りません。

とくにお問い合わせに大事な責任者の氏名や電話番号などがありません。もちろん、法的には省略が可能なのですが、問い合わせがあった場合にすぐに開示する旨を明記しなければなりません。そうした記述は見当たりませんので特商法に不足があることになります。

もちろんビジネス系の商品はナンクセつけてくるような悪質な客もいるので、そのための予防措置なのかもしれませんがそれなら特商法代行を使えばいいだけです。

メールアドレスだけでは購入された後にドロンの可能性もありますね。

案件自体の評価。詐欺なの?

こちらが登録すると見られる動画です。

基本的に販売者である加藤浩二氏の身の上話が大半をしめているのですが、いくつか判断材料になるものがありました。

仮想通貨と同じくらい可能性がある最先端の市場

1年以内に仮想通貨ではない”あるもの”に投資して1億稼がせる。

努力、スキル、一切不要、誰でも全員が稼げる。

この3つです。詐欺かどうかは不明ですが、過去の類似オファーと多くの点で共通しています。

この”仮想通貨ではないあるもの”がなんなのかはまだ分かりませんが、もし既存の投資ビジネスであれば確実にオススメできない案件になります。

仮に、まったく知られていない新しい投資ビジネスであればまだ可能性はありますが、それはこれからですね。

販売者の評価(ネット上の口コミなど)

ネット上の販売者へのコメントを見てみましょう。

販売者は以前別のクリプトシェアコミュニティという案件を出していました。

(引用:http://katoarb.com/csc1/)

こちらの案件ですが、販売者に痛烈なツッコミを入れているブログが有ったので引用します。

本当に今年は私が紹介させて頂いているファンドのAI自動売買システムでビットコインを運用している人以外クリプト(仮想通貨)業界というのは厳しい年になりました。

コインチェック事件や仮想通貨大暴落、ICO被害、ザイフ事件など、本当に、袋叩きのように仮想通貨で投資している人に対して、悪材料ばかりが押し寄せてくるような年になり、

その悪材料で仮想通貨業界から消えていってしまった方が多数いらっしゃいました。

で、生き残ったのがビットコインの差額で稼ぐやり方でなくビットコインの保有量で稼ぐアービトラージ手法でビットコインを運用している人だけになったという感じです。

2018年、仮想通貨だけで資産50億を達成。今年、最低30倍最大500倍の利益を生み出す

これだけ悪材料の中で2018年、仮想通貨だけで資産50億を達成と簡単に言えること自体非常に怪しいし

今年、最低30倍最大500倍の利益を生み出す

という風にICOで簡単に一攫千金が狙えるという風にいうような加藤 浩二がいかに怪しいかということがお判り頂けるかと思いますね。

加藤 浩二に関して、ネット上で調べても全く、情報が出てこないしで、信用も実績も何もないような人物になりますね。

引用元:http://topbusiness3.wp-x.jp/2018/12/17/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E6%B5%A9%E4%BA%8C-%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%97%E3%83%88%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%81%AF%E6%A5%B5%E6%82%AA%E8%A9%90/

この口コミ以外にある方はこの記事のコメント欄をオープンにしておりますので気軽に書いていただけたらと思います。

■販売者名■案件名■ まとめ

よって、僕の総合評価はオススメできないものになりました。

最初にこの手の案件を検討する際に見てほしいポイントですが、基本的に明日を行きていくのもしんどい「人生大逆転」を狙っている人をターゲットにしているということです。

そういう状態にいる人は、精神的に正常な状態ではないことが多いです。バカにしているわけでも、偉そうにしたいわけでもなく、僕の経験上10人が10人同じ状態だったからです。

そして、こうした案件で本当に努力無しで稼いだとしても、人生トータルで見るとマイナスに働くことだってあります。

結局はしっかりと学んで稼いでいくほうが今後10年、20年と考えたときに確実にプラスになります。

僕も右も左も分からない初心者でした。そして、とくに技術を持っているような人間でもありませんでした。だからこそ、なに持たない人間が、どうすれば成功できるのか知っています。

安定してこの先稼いでいきたいという人は僕のメルマガに登録してみてくださいね!

メルマガを読んで見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA