詐欺的ビジネスに引っかかってしまう理由 お金持ちと稼げない人の「良いビジネス」の定義の違いとは?

 

副業アドバイザーのJUNです。

 

副業の相談を受けるようになってとてもよくあるのがこんなお問い合わせです。

私はスキルもなくてパソコンも使えないです

毎日が忙しくてビジネスに使う時間が取れません。ビジネス自体も初心者です

こんな私でも成功できるビジネスってありますか?

〇〇のビジネスで、こんな私でも成功できる確率はどのくらいありますか?

そしてこうした人は高確率で詐欺的ビジネスに引っかかって経験がある、もしくは引っかかります。

そういえばこんな考え持っていたかも・・・

もしそうなら要注意ですね。

間違った「良いビジネス」の定義を持ってしまっていると、最悪のケースで同じような詐欺案件に引っかかり続けてお金を失うどころか、本当に稼げる案件を常にスルーし続けるという悪循環が生まれます。

もし吹き出しのコメントのようなことを考えていたあなたにはこの先を読み進めることを強くオススメします。

「良いビジネス」と「悪いビジネス」の定義を正しく捉えることが出来れば本当に稼げるビジネスを見つける手助けになるからです。

というわけで、今日はお金持ちが考える「良いビジネスの定義」と稼げない人が考える「良いビジネスの定義」について見ていきましょう

稼げない人が考える良いビジネスと悪いビジネスの定義

最初に大多数の人が考える良いビジネスと悪いビジネスの定義を明らかにしましょう。

稼げない人が考える良いビジネスとは?
  • 初心者でも成功できる簡単さ
  • 努力不要、スキル不要
  • 知識、経験ゼロでも稼げる
  • 初月から大金が手に入る
  • 自分はなにもしなくてもいい

ざっとこんな感じですね。ザックリとまとめると「自分に何かを与えてくれる」福祉やサービス的な要素が強いのが特徴です。

一方で悪いビジネスというのはこんな感じです。

稼げない人が考える悪いビジネスとは?
  • 継続してお金がかかる
  • 高度なスキルが要求される
  • 成果が出るまで長い間がんばらなければならない
  • 稼げるようになるまで努力が必要
とどのつまり、「自分から何かをしなければならない」「成功のためになにかを要求される」よりザックリいうと「今の自分を変えなければいけない、エネルギーがかかる」のが悪いビジネスと定義していることが多いです。

また、「稼げること」つまりお金が全てなので、稼げなければ「このビジネスは稼げないビジネスなんだ」とレッテルを貼ってしまいます。

さて、少し話を変えますがこれを読んでいるあなたはきっと受験勉強を経験したと思います。

大変でしたよね。

塾に通ったり夜遅くまで勉強したり、電車の中でも英単語を覚えたり。僕は浪人経験もあるのでその辛さはよく分かります。

そんなあなたに聞きたいのですが、もしこんなこと言ってる受験生たらどう思いますか?

  • 勉強したくないけど東大に入りたい
  • 努力しないで受からせてくれる塾に入りたい
  • 受験一ヶ月前でE判定だけど東大に合格させてくれる塾ありませんか?
  • 毎日1秒も勉強してないけど東大に受かる
  • 塾に入るだけで自動的に合格させてくれる

受験なめてんのかって思いますよね。厳しい勉強をかさねた人ほどこんな甘ったれたこと言っている人間をはっ倒したくなると思います。

少しでも真面目に受験勉強をしたことのある人なら分かること。

努力して努力して、実力をつけてようやく合格できるのが受験勉強です。

入るだけで合格させてくれるような塾があればみんな行きますが、そんな塾が存在しないのは誰でも分かりますよね。

しかし、ビジネスになったとたんにみんなが「入るだけで成功させてくれる塾」の存在を信じはじめるのはなぜでしょうか?

でもビジネスだったらそんな塾があるんじゃないの?

確かに一時期の仮想通貨なんかがそうでしたね。エイダコインなんかは詐欺、詐欺言われてましたが爆上がりしました。

 

僕のまわりにも当時、仮想通貨で億り人になってHという人がいて、10万円のディナーをポンとごちそうしてくれたりしたんですが・・・・

Hのそんな生活は長く続きませんでした。億り人になったとたんにHは生活水準を上げてしまって遊びまくりました。

スポーツカーを買って、高層マンションに住んで、高級な家具と酒を買い揃えました。

そして同じような仮想通貨やICOなんかに投資しまくった結果、価値がガンガン下がってしまって億稼いだお金はネットの海に消えていったのです。

幸い借金は負わなかったものの、Hは今スポーツカーもマンションも売り払って実家に引き込もっています。

まるで宝くじにあたった人のような典型的な転落人生ですが、大多数の考える「良いビジネス」は万一稼げたとしてもこのような結果に終わることが多い。

実力に見合わないお金を手に入れてしまうのは本当に怖いことなんですよ。

お金持ちが考える良いビジネスとは?

逆にお金持ちが考える良いビジネスの定義はなんでしょうか?

キーワードは「成長」です。

お金持ちってお金以上に自分自身の成長に喜びを感じます。

お金持ちの「良いビジネス」の定義はこんな感じになっています。

お金持ちの「良いビジネス」の定義
  • 初心者では簡単に取り組めない(参入障壁になる)
  • 努力、スキルに見合ったお金が手に入る
  • 得られる知識、経験が新しいビジネスチャンスを生む
  • 長期的に大金が手に入れば良い
  • 自分から動いて人生を豊かにできる

ザックリいうと「今の自分をさらに豊かにしてくれる」のが良いビジネスなんです。

こうした意識を持っているので自己投資やエネルギーをかけることを惜しみませんし、失敗したとしても必ず学びがあります。

そして、本当に良いビジネスにもめぐり合ってますますお金持ちになっていくわけです。

怪しいビジネスが生まれてくる理由

別な記事でもお話していますが、もういちど「怪しいビジネス」がどういうふうに作られるのかをおさらいしましょう。

基本的にビジネスというのは「このノウハウなら稼げる!だからこれを商品として形にして売っていこう!」という順番で作られています。

しかし、「怪しいビジネス」はこの順番がまったく逆なんですね。

「世の中、楽して稼ぎたい人間が多いな。簡単に稼げる雰囲気の商品を作って売ってやろう!」

このような手順で「怪しいビジネス」は作られるのです。

しかし、似せているのは雰囲気だけなので「稼げそうに見えたけど中身スカスカ」とか「誇大広告でじっさいの商品は一円も稼げない粗悪品だった」みたいな事が起こるんです。

それでも、このようなオファーは「稼げない人にとっての良いビジネスの定義」を熟知しているので、稼げない人の腑に落ちてしまうように作られます。

結果、お金だけを失ってしまうという事態が生まれてくるのです。

良いビジネスは自分を変える必要がある

 

No pain, No gain.(痛みなくして得るものなし)

 

ビジネスで稼ぐためには必ず自分を変える必要があります。

僕自身、右も左も分からない状態からビジネスをスタートしました。

失敗もたくさん経験しましたし、立ち上げた新ビジネスがポシャったこともあります。

両親からのいじめで無気力になり、うつ病だと診断されました。

ストレスによる過食がたたって体重が10キロ増えました。

それでもなんども過去の自分を変えて、新しい自分になってきました。

うつ病も克服しました。

もう一度新しいビジネスを立ち上げて一定の成功をおさめて、周りの罵倒や嘲笑に対しても対策できました。

ストレスで増えた体重ももとに戻しました。

ビジネスマンとして実力をつけられたので、自分に自信がついてまわりの目が気にならなくなりました。

つねに自分を変えてきて、苦しい状態でも諦めずに続けてきたからこそだと思っています。

本当に良いビジネスで成功することは簡単ではありません。

ですが、決して不可能なことではないですし知識やスキルを身に着けて努力するという当然のことが出来れば一定の成果は出るのです。

初心者のままで成功できると思わない

僕は初月からある程度のお金を稼ぎ出しましたが、それなりの努力はしました。

一週間みっちり、なけなしのお金で買った3万の教材を読み込みました。

実践の途中でもなんども読み返して、販売者を質問ぜめにしていましたね。

そんなに質問攻めにして迷惑じゃないの?

他のブログや販売者は分かりませんが、少なくとも僕は質問してくれるとすごくうれしいです!

自分の知識が誰かの役に立つことがうれしいですし、それで副収入を得て幸せになってくれるのであればもっとうれしいです^^

(それに僕自身のコンサル実績にもなって、高い宣伝効果も得られます)

初月からある程度の収入を得られたのは早い段階で脱初心者を出来たからだと思っています。

あなたが脱初心者するために遠慮なく質問してほしいですし、初心者から抜け出す速度が速ければ速いほど成功までの時間も短くなるからです。

せっかくビジネスをやるなら正しい方法で!

ビジネス=お金を稼ぐ方法と思われがちですが、僕はビジネスにはお金以上の価値があると思っています。

ビジネスをしているおかげで人脈が圧倒的に広がりましたし、100%自分のために時間を使えます。

「今日〇〇で飯行かない?」みたいな友人の急なお誘いにも対応できますし、余った時間を趣味に全力投球しています^^

見たい映画は公開日の朝一に見に行けますし、ふとした瞬間に「ああ、幸せだな」と感じることが多くなりました。

そんな生活を続けているとお金以上に、ビジネスの最大の目的は「幸せになること」だって思うんですね。

「ビジネスをしている自分を誇りに思うか」という自信が、家族、恋人、友人との関係に大きく関わっていると思います。

自信がある人には必ずエネルギーがあり、人間はエネルギーのある人のところに集まってくるから。

楽して稼ぐという「逃げ」に徹すると、どんどん自己評価も低くなっていきますし、なにより「お金しかない人生」ってそんなに楽しいものじゃないと思うんですよね。

正しい方法でビジネスに取り組むと、知識や人間関係、達成感などの形のない財産が積み上がっていくので、取り組むからには一人でもおおくの人にビジネス最大の醍醐味を味わってほしいというのが僕の願いです。

より細かな話はメルマガでもお話しています。もし今回の記事で少しでも学びになった方であれば、登録して損はないはず。興味があれば見てみてくださいね。

メルマガを読んで見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA