副業の目的、幸せになるために守るべき3つのもの

 

こんにちは、JUNです。

今回は少し趣向を変えて、ビジネスに取り組む上で僕が考える「幸せ」についてお話していきたいと思います。

僕の考える幸せの定義

 

僕の考える「幸せな状態」は「選択肢がある状態」です。

この幸せのために僕はビジネスをしてお金を稼いでいます。

選択肢がある状態を細かくすると例えば、

  1. 自由にできるお金がある状態
  2. 友人関係を選べる状態
  3. 付き合う人を選べる状態
  4. やる仕事を選べる状態
  5. 日々の感情を選べる状態←たぶん一番難しい

このような状態になります。

究極的には日々の感情を選べる状態を達成できれば人間幸せだと思いますが、それ以外の4つを満たすか宗教にどっぷりハマるか以外では達成できません。

僕はわりと俗物なのでお金を稼いで幸せになる方を選んだのです。

1.自由にできるお金がある状態

読んで字のごとくです。

日本に住んでいる以上、お金を稼ぐことは生きるために必要不可欠。

有名人の中には「生活保護がある」とか「ニートでも生きていける」とかとんでもないこと言っている人がいますがウソです。

僕は父がいちど失業を経験しているので生活保護や失業手当がどれだけ出にくいか、よーく知っています。

いつも家計は火の車で、泣き叫ぶ子供におやつも買ってやれない。

そんな状態で「幸せです」というのはなかなか厳しいと思うんです。

たとえ本当に幸せだったとしても、僕が言いたいことはこれにつきます。

「もっと幸せになれるんじゃないですか?」

5万円、毎月収入が増えるだけでほとんどの家庭の幸福度は変わると思うんです。

手の届かなかった家族旅行、趣味、レストラン。好きな人や家族と一緒に行けることは幸せですよね。

さいわい日本ではある程度幸せは「購入可能」なので自由にできるお金が多ければ多いほど幸福度は上がるはずです。

2.友人関係を選べる状態

僕にはブラック企業につとめる友人が何人かいます。

彼らを週末に遊びに誘ったりするといつも「今日はちょっと会社のやつと飲む約束があるんだ・・・!」といわれて断られてしまいます。

あまり嬉しそうじゃないのでとうとう聴いてみたんですよ。

「ぜんぜん楽しそうじゃないんだけど、なんでそんなやつと飲みに行くの?」って。

そしたら「出世のために実力のあるやつとつながりたいから」と言われてしまいました。

人脈を広げること自体はいいことだと思いますし、僕も賛成です。

でも、出世のために付き合いたくもない人間と付き合って、大切な週末をつぶすというのは幸せにマイナスに働くのではないでしょうか?

これも仕事なんだよ!

ほんとうに仕事で付き合いたくもない人間と付き合うのは苦痛ですよね。

僕も稼げていなかった頃は仕方なく付き合っていた人がいました。

ナンパ大好き、風俗大好き、ヤッた女の数がステータスみたいな人間でした。

僕はそいつに会いに行くたびに嫌な気分になっていましたし、一緒にいる時間いつもムカムカしていました。

今はビジネスであるていど稼げたおかげですっぱり離れられました。

3.付き合う人を選べる状態

これは恋愛的な意味での「つきあう」です。

僕は結婚について「ほんとうに好きな人以外とは結婚しない」と決めています。

僕の周りにそういう人が多かっただけかもしれませんが、妥協や時期、世間体を気にして結婚する人はたくさんいるじゃないですか。

でも結婚しないと出世とかにも問題が・・・

そういうケースもありますよね。責任感がないとかいう理由で昇進できないみたいな。

でも、好きでもない人と世間体や出世のために結婚して、一生を添い遂げるってかなり辛いことだと思います。

その結果、僕の周りによくいた「ただ一緒にいるだけ」みたいな家族が多くなるんじゃないでしょうか。

4.やる仕事を選べる状態

一日の大半を仕事するなら嫌な仕事よりも好きな仕事のほうがいいに決まっています。

でも、家族のために、あるいは生活のためには仕事を選んでいられない。そんな人も多いんじゃないでしょうか?

僕も大学生時代はやりたくもない接客業のアルバイトをしていました。

インドアな僕にとっては地獄のような時間で、それでも生活のためにやらなければならなかった。

今は在宅完結で仕事できるので性に合っていますし、本当に幸せです。

ただ、副業やビジネスに限らず今の仕事が楽しければそれでいいと思いますし、無理に「サラリーマンはクソだからビジネスしろ」なんて絶対に言いません。

やりたい仕事で食っていける、これが幸せには必須だと思うだけです。

5.日々の感情を選べる状態

幸せを感じるのは心です。

だから1~4が満たされるとストレスの要因がほとんど消えて、いつも幸せな状態でいることができるようになります。

あなたの幸せを、あなたがコントロールできる環境になります。

幸せであることをいつも選べるようになるんですね。

まぁ、宗教や自己啓発でも同じことができます。

でも僕はお金に余裕がある方がよかったし、俗世的にも充実したかったのでビジネスでお金を稼ぐ道を選びました。

幸せになるために守るべき3つのこと

賛否両論あると思いますが、僕は「選択肢がある状態」になるためには3つのことが大切です。

其の一:体が健康であること

何をするにも体が必要です。

年収100億円あっても、病院のベッドで寝たきりではなんの意味もありませんよね。

病気になれば美味しいものだって制限されます。肝臓がやられれば美味しいお酒も飲めません。

体が健康であることは前提条件です!

其の二:心が健康であること

幸せを感じる心はいつも健康でないといけません。

僕は起業したとき、両親や周りから「お前なんかに成功できるわけない」といつも言われてきました。

最初は気にしていませんでしたが、生来のナイーブな性格が災いしてうつになってしまったのです。

「どうせ自分なんて・・・」

いつもそう思っていたせいで、多少のお金があってもまったく幸せではありませんでした。

今はその状態は脱しましたが、うつの状態では幸せをまったく感じられないことを実感しました。

体以上に心の健康は大事です!

其の三:ある程度のお金があること

お金は幸せのために必須ではありませんが、あると確実にプラスにはたらきます。

といっても、副業であれビジネスであれ稼ぎ出すのにはそれなりに頑張らなければいけません。

なので、僕のオススメする方法はこれです。

  1. もっとも稼ぎやすいビジネスで成果を出す
  2. 稼いだ資金をより稼げるビジネスに回す
  3. ほんとうにやりたいことを好きなだけやる

二番と三番が一緒になる人もいます^^

家族にせよ、生活にせよ、日本において大切なものを守るためにお金以上に強い武器はありません。

僕はすごく身近な人が、お金がなかったために父親が息子の学費を使い込み、家庭崩壊してしまいました。

お金があれば避けられたであろう不幸はたくさんあります。

だからこそ、この記事を読んでくれたあなたにはお金が武器であることを知ってほしいのです!

まとめ

僕はこの視点を持ってからは話を聞いてくれる人全員にお話してきました。

「大切なものを守るためにはお金が必要」

これにはみんな納得してくれています。

もちろん、自分を犠牲にして家族を支えている人たちがダメだと言っているわけではありません。

それは尊いことです。

でも、家族と同じくらいあなたにも幸せになる権利はあるのです。

全員が幸せになったっていいじゃないですか。

なので、僕は選択肢を広げる第一歩として副業をオススメしています。

最も成果の出やすい副業についてはメルマガでお伝えしていますので、興味があれば見てみてくださいね^^

メルマガを読んで見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA